救急外来の求人に強い転職サイトは、どこですか?

救急外来の看護師の求人 - その募集がブラックかどうか、あなたは本当に見分けられますか?

当サイトに辿り着き、ご覧頂きありがとうございます。ここでは、救急外来の看護師求人についての情報を取りまとめております。

さて、救急外来の看護師の求人を探す時に気をつけるべきことは何だと思いますか?

給料、やりがい、向き不向き…もちろんこれらのことも大事ですね。

しかし、まず私が皆さんに一番に伝えたいこと、それは「ブラック求人を避けて!」ということです。

救急外来は、一般病棟よりもブラック求人が紛れているリスクが高いので、求人選びは慎重にならなくてはいけません。

当サイトではページごとにテーマを分けて詳しくお話していきますが、ここではまず、一番大事なこと…ブラック求人を避けるための注意点を4つご紹介します。

この4つを踏まえて求人選びをすれば、ブラックな救急外来を避けることができるはずですよ!

救急外来の看護師の求人募集でブラック求人を避ける=求人募集がいつも出ている

救急外来の看護師の求人情報を見て、ブラック求人を避けるためには、その求人情報がいつから出ているのかを確認しましょう。

いつもいつも看護師求人を出している病院ってありますよね。そういう病院はいつも看護師不足に悩まされていることを公表しているようなものです。

特に、「救急外来配属」という救急外来専用の看護師求人をいつも出しているところは、要注意です。

救急外来は忙しいのに給料はそれほど高くないという割に合わないことが多い職場です。でも、やりがいはある職場でもあります。

救急外来を希望する看護師さんは、あなたのように一定数います。給料はそこそこでも良いから、とにかくやりがいを重視して救急看護をやりたいというタイプですね。

でも、救急外来の求人がいつも出ているところは、救急外来に看護師が定着しないところなんです。

つまり、やりがいを求めてきたやる気のある看護師さんですら、「あぁ、無理!こんなブラックな職場!」と逃げ出してしまうような超ブラックな救急外来である可能性が高いのです。

ですから、ずっと長い間出ている救急外来の看護師求人は、ブラック救急外来の可能性が高いと考えて間違いないでしょう。

救急外来の看護師の求人募集でブラック求人を避ける=残業時間が長い

救急外来の看護師の求人の中から、ブラック求人を避けるためには、残業時間をチェックしましょう。

救急外来は「残業して当たり前」というところと、できるだけ残業しないような看護師配置をしているところの2つに分かれます。

残業して当たり前の救急外来だと、夜勤明けで昼過ぎまで残業するというところが多いですね。

毎日残業があるのが当たり前で、残業残業、また残業という職場だと、いくらやりがいがあってもやっていられなくなります。

勤務がいつ終わるのか、いつ帰れるのかわからないなら、プライベートがお揃下になって、仕事中心の生活になり、仕事へのモチベーションを保つことができません。

ですから、救急外来の求人募集が出ているのを見つけた時は、月平均の残業時間は必ず調べておきましょう。

救急外来の看護師の求人募集でブラック求人を避ける=当直制

救急外来の看護師の求人募集の中から、ブラック求人を避けるためには、当直制の救急外来は避けたほうが無難です。

「え?当直制ってことはそんなに忙しくないんでしょ?じゃあ、良いじゃない!」と思いますよね。でも、そうとも限らないですし、下手をすれば、2交替制の救急外来よりも体力的にきつくなるんです。

あなたが、もし非常勤で夜勤専従(当直専従)として働くのであれば、当直制の救急外来でもそれほど問題はないと思います。

問題は常勤として働く場合です。「当直」での拘束時間は、労働基準法の中で定められている週40時間労働の中には含まれないのです。

当直で救急患者が来た時に働いたら、それは時間外労働になります。これは、どういう意味だか分かるでしょうか?

当直制のところは、日勤→当直制→日勤というとんでもないシフトを組まれても、それは法律違反とは言えないのです。

日勤を終えて、そのまま当直当番として、病院の中に残る。そして、救急患者が来たら働く。その後、朝が来たらまた日勤として働くというものですね。

ここまでひどいシフトを組む救急外来は、さすがにないと思いますが、法律違反ではないので、もしこのようなシフトを組まれても、文句を言うことはできないんです。

それなら、最初から当直制ではなく夜勤体制の方が良いですよね。当直手当は夜勤手当より安いですし、夜勤なら夜勤明けで必ず帰ることができますから。

ブラックな救急外来を避けるなら、当直制の救急外来は避けておいた方が良いでしょう。

救急外来の看護師の求人募集でブラック求人を避ける=事務なし&看護師1人

救急外来の看護師求人募集の中から、ブラックな求人を避けるためには、事務員なし&看護師1人という救急外来は避けたほうが良いでしょう。

小さな一般病院の救急外来は、医師1人、看護師1人、警備員1人でやっているところがあります。看護師が1人だけという時点で、すでに不安ですよね。

どんなに忙しくても助けてくれる人がいないんですから。そして、医療事務がいないのもアウトです。救急外来の事務雑用まで看護師がしなければいけませんので。

しかも、救急外来の患者さんは、一般外来の患者さんよりも面倒くさいことが多いので、煩わしいんです。立て続けに患者さんが来て、誰も手伝ってくれない、事務員すらいない、クレーム対応やら何やらまで、全てあなたが行うことを考えてみましょう。ゾッとしませんか?

それなら、重症な患者さんが多くても、1人で働くことなく、看護師は複数人いて、夜間でも医療事務の人がいてくれる救急外来で働いたほうが絶対に良いですよね。

まとめ

どうでしたか?

ここでは、救急外来の看護師の求人募集の中から、ブラックな救急外来を確実に避けるための注意点を4つご紹介しました。

救急外来は忙しいのに給料は高くないので、やりがい重視の看護師さんでなければ働けませんが、それでもあまりにもブラックだと、やりがいなんてどうでもよくなって、救急外来へ転職したことを後悔することになります。

そのため、救急外来の求人募集が出ていたとしても、飛びつかずに、いつから出ていたのか、残業時間はどのくらいか、当直制か夜勤制か、看護師の人数や医療事務はいるかをまずは確認して、その中から希望に合った求人を探しましょう。

ブラックな救急外来を避けるなら、転職サイトを使うと良いですよ。転職サイトなら、担当コンサルタントがその求人はいつから出ていたのか、残業時間はどのくらいか、当直制か夜勤制か、看護師の人数や医療事務はいるかを調べてくれますので、ホワイトな救急外来で働くことができるのです。

もっと詳しく救急外来の看護師について知りたいという方は、こちらのメニューからご興味のあるテーマをお選びくださいね!

転職サイトランキングを見る